トップ

世界の医療機器メーカー

医療機器のメーカー

メーカー

外資系医療機器メーカーについて

世界の医学界をリードしているのは西洋医学です。医薬品はもちろん、医療機器の研究や開発でも欧米のメーカーが主導権を握っています。世界の市場のうち、日本が占める割合は1割程度であり、米国が約4割、欧州が約4割というように、先進国が殆どを占めているのです。このような事になった背景には、欧米では早くから海外市場の開拓が行われてきたことや、経営の規模を生かして豊富な種類の製品を充実させている事などが考えられます。しかし、最近では日本の医療機器メーカーが欧米の会社を買収する動きがあり、輸出に力を入れてきています。

メーカーで値段が違う

同じ医療機器でもメーカー毎に特色があります。また導入に掛かる費用もピンきりですので、コストパフォーマンスを求める方は一社に固執せず、複数の機器メーカーに見積もりを依頼しましょう。特に民間の医院やクリニックにとって、費用は潤沢ではありません。高齢者や子どもたちに負担を上乗せする事に抵抗を持つ方も医療機器を安く導入する方法を模索しましょう。日本製の機器に拘らない事も大事です。場合によっては米国やドイツ製の機器が安価です。また分野によってはメンテナンスが行き届いた中古品を買う、といった方法もありますので、色々と策を講じてみましょう。

医療機器の基本情報

新着情報

↑PAGE TOP